マルチシグによるウォレット管理について

NEM猫プロジェクトでは寄付用と運営用の二つのNEMのウォレットで皆さんからの寄付を用途に応じて分別管理しています。
NEMには予め様々な機能が備わっていますが、ウォレットを複数人で管理できる「マルチシグネチャー」(マルチシグ)を用いることで、より安全なウォレット管理が可能になります。
マルチシグを用いることで、予め指定した人数の承認を得た場合にのみ出金処理をすることができます。
例えば、この機能を使って3人で1つのウォレットを管理した場合、2人の承認がなければ送金できない設定にすることで、誰か1人の恣意的な送金を防止することが可能です。

また、万が一誰か1人がハッキングされて秘密鍵を盗まれたとしても、不正な送金を行うことは出来ません。

NEM猫プロジェクトでは、このマルチシグの機能を用いてNEMのウォレットを管理することで、皆さんからの寄付を大切に守ります。

※マルチシグの設定の詳細についてはこちらを参照ください

http://www.kiyosui.com/entry/Multi-Signature

(参考:キヨスイさん@kiyosui_goraku のブログ)

Scroll to top